トヨタタコマ2015トヨタTechstream TISプログラムTPMSを使用する方法

ここでは、このガイドでは、ほとんどのトヨタ車にも適用することができトヨタTocoma 2015.And用TPMSセンサーをプログラムする方法のガイドが来て、あなたがTPMSを装備していないあなたの車を見つけた場合、あなたが最初にTPMSセンサーをインストールする必要があり、読んでTPMSのインストール方法自分でセンサーが .AND私は記事の最後にTPMSのインストールとプログラミングのビデオガイドを入れて、あなたは、詳細情報を取得するためにビデオガイドを見ることができます。


トヨタTechstream TISのv10.30.029無料ダウンロード

http://www.ancelscanner.com

注:TPMSセンサをインストールする前に、あなたはTPMSセンサをプログラミングする際にこれらのIDコードを入力する必要があり、各TPMS sensor.BecauseのIDコードをrecoredする必要があります。 このプログラムに必要なツールTPMSのトヨタタコマのためのセンサーを。 一緒にインストール* 1ラップトップ











 

トヨタTIS Techstreamソフトウェア。

* 2 AミニVCI OBD2ケーブルTechsteramのための


トヨタタコマのためのプログラミングTPMSセンサの手順

ステップ1:プラグミニVCI OBD2ケーブル車にノートパソコンにOBD2ポートとUSB側を経由して。

Techsteramソフトウェアを開き、左上にある「車両への接続」をクリックしてください。

画面が表示されます「車にConnnecting、お待ちください」 するとポップアップウィンドウの上の車両情報ショー Dmsionを:トヨタ モデル:タコマ モデル年:2015 エンジン:2TR-FEのステップ2:「次へ」をクリックして、プログレスバーの完了を待ちます。ステップ3:「タイヤ空気圧モニター」をクリックして待ちます。 次に、「ユーティリティ」をクリックして 「ID登録」をクリックしてください

























ポップアップウィンドウが継続するヒントmassage.Click「次へ」を示し、
タイヤIDの登録ウィザードに「ようこそ
この関数は、タイヤ空気圧警告システム用のタイヤIDを登録します。
注意:制限時間はいずれかのステップを超えている場合、登録は失敗します。
警告:システムの初期化の過程にまだある場合、登録は失敗します。
押して続行する次へ「。ステップ4:ショー『『4のステップ2』、あなたがクリックする必要があり、』次の 順に選択し、画面のショー『4のステップ3『クリック』クリックするだけで』ステップ5: Techstreamショー『4のステップ4』、あなたは、各TPMSセンサのIDコード、クリックして「次へ」.REDO、この手順を4回入力する必要があります。











あなたは第四IDコードを入力する場合、それはあなたのIDの登録は、「終了」をクリックしcompleted.Thenある思い出させます。

最後に、「データリスト」をクリックして、あなたはTPMSセンサ情報が表示されます。 HEREトヨタTIS Techstreamビデオガイドにより、トヨタタコマのインストールおよびプログラミングTPMSセンサである から、自動車修理技術者ホーム、ポストトヨタタコマ2015年TechstreamプログラムTPMSセンサ