トヨタカムリセダンABSシステムのアラームのトラブルシューティング

およそ95000キロの走行距離とトヨタカムリセダン。車が登場ABSシステムのアラーム症状を


故障診断: 
まず、故障コードは、33(右後輪速センサ)、34(左後輪速センサ)(左前輪速度センサ)31(右前輪速センサ)、32です。分析は、4つの車輪速センサと関連する行を同時に損傷または欠陥される可能性は極めて小さいと考えています。故障点は、ECUが故障またはを妨げていることであってもよいです。

トヨタTIS Techstreamソフトウェアの無料ダウンロード

他の車両制御システムが正常に動作しているので、ECUの故障の可能性も小さいです。最後に、故障箇所は、電磁干渉にロックされます。検索した後、それは、車輪速センサのシールドケーブルがひどく摩耗していることがわかりました。車両のABSセンサが電磁式のものであるので、低速域での運転時に発生する信号電圧が非常に弱く、ABSはECUを介して車輪の制動力の大きさを調整する高感度の信号電圧を必要とします。信号の精度を確保するために、シールドメッシュは車輪速センサ上に設けられています。

トヨタすべてのキーロストプログラミング

シールドメッシュが損傷されると、車両に高周波の電磁波は、ABSや故障の故障をもたらす、車輪速センサの通常の動作を妨害します。自己診断システムは、アラームを発行します。、フォルトコードをクリアし、障害点を修復、すべてが正常である、トラブルシューティングをテストします。

トヨタトラブル修理