Allison 1000/2000シリーズトランスミッションを分解する方法

アリソン1000/2000シリーズのトランスミッションの分解方法についての修理マニュアルです。
 2019アリソンDOC伝送+ GEN5診断ソフトウェアのインストールサービスは、

6本のPTOカバー保持ボルトを外し1または電源は、それが装備されているいずれか離陸、変速機の右側に図43に示すように、
固定具類似保持インストール2図43に示すように、ベンチ取り付け具ベースで使用するPTO表面に注意してください。注意:このユニットの質量と重量のため、図43に示す固定具を使用する必要があると感じています。据え付け品の基盤か適切な回転スタンド。
3.適切なホイストを使用して、トランスミッションを持ち上げ、ベンチフィクスチャベースまたは適切なターンオーバースタンドに取り付けます。
4.トランスミッションアセンブリがロックされた状態で、パンを下に向けた状態で、コンバーターをまっすぐ引き出して取り外します(図44を参照)。注意:このトルクコンバーターの重量は約60ポンドです。
5.図45に示すように、エンジン速度センサー、タービン速度センサー、出力速度センサーを取り外します。
注:エンジン速度センサー(装備されている場合)、タービン速度センサー、2WDモデルの出力速度センサーはすべて同じ部品です番号(図45を参照)。
6. 3つの速度センサーから「O」リングを取り外して廃棄します(図45を参照)。
7.図45に示すように、ニュートラルスタートバックアップスイッチをケースの側面から取り外します。注:NSBUスイッチは4L60-Eスイッチとまったく同じです(図45を参照)。

8.フィクスチャのトランスミッションを回転させて、オイルパンが上を向くようにします(図46を参照)。
1

9. 13 mmソケットを使用して、12個の下部パン保持ボルトを取り外します(図46を参照)。
10.下部のオイルパンを取り外します(図46を参照)。
11.図46に示すように、下部パンガスケットを
取り外して廃棄します。12.図47に示すように、下部パンフィルターとフィルターシールを取り外して廃棄します。13.内部の戻り止めローラーとスプリングアセンブリの保持ボルトを、図48に示すように、8mmソケット
。14. 図48に示すように、内側の戻り止めローラーとスプリングアセンブリを取り外します。
15.TeckpakäGMハーネス取り外しツールを使用して、ケースの穴からパススルーケースコネクタを取り外します(図49を
参照)。16. 8mmソケットを使用して、15個のバルブボディとケースの固定ボルトを取り外します(図50を参照)。図50に示すように、色付きのバルブボディからケースボルトまでの「のみ」を取り外します

。15個のバルブボディボルトを取り外したら、バルブボディを取り外して、手動バルブピンを内側の戻り止めレバーから外します。図51に示すように
。18.コンポーネントの再構築プロセスのために、バルブボディアセンブリ全体を脇に置きます。
19.図52に示すように、デザインに応じて、クーラーマニホールドまたはベルハウジングから外部オイルフィルターを取り外します。
20.図54に示すように、クーラーマニホールドアセンブリの固定ボルトを
取り外します。21 . 図54に示すように、ベルハウジングからクーラーマニホールドアセンブリ
取り外します。22 . 図54に示すように、2つのクーラーマニホールドガスケットを取り外して廃棄します。
。23 . ベルハウジングが2019 Allison DOC Transmission診断ソフトウェアの無料ダウンロードに向くように、フィクスチャーのトランスミッションを回転させます。

 
24.図55に示すように、ベルハウジングの内側ではない2つのベルハウジングボルトをケースの両側から取り外します。25.図のように、ベルハウジングの内側から、網掛けされたケースボルトにベルハウジングを取り外します。注:図56に示すように、影付きのボルトのみを取り外します。長さ50mmのボルトが11個、長さ70mmのボルトが5個あります。残りのボルトはポンプをベルに固定します。
26.図55に示すように、ベルハウジングとオイルポンプアセンブリトランスミッションケースからまっすぐ持ち上げて
取り外します。27. ポンプスペーサープレートからケースガスケットを取り外して廃棄します(図55を参照)。
28.コンポーネントの再構築プロセスのために、ベルハウジングとポンプアセンブリを脇に置きます。
29.図57に示すように、タービンを使用してまっすぐ持ち上げて、C1 / C2クラッチハウジングをケースから取り外します。注:サンギア/遊星キャリアのスラストベアリングがサンギア

30に引っかかっていない場合は、取り外します。C1 / C2クラッチハウジングは、後で説明するコンポーネントの再構築プロセス用に取っておきます。31.図58に示すように、延長ハウジングが上を向くようにトランスミッションケースを回転させます
。32。図58に示すように、トランスミッションにヨークが装備されている場合は、トランスミッションからヨークを取り外します。注:一部のモデルにはパーキングブレーキが装備されています図58に示すように。4輪駆動モデルにはどちらもありません。

33. 15mmソケットを使用して、16個のエクステンションハウジングボルトを取り外します(図59を参照)。
34.図59に示すように、拡張ハウジングアセンブリを取り外し、コンポーネントの再構築プロセスのために取っておきます。
35.図59に示すように、エクステンションハウジングガスケットを取り外して廃棄します。36
.出力シャフトのスプラインをつかんでまっすぐ持ち上げ、出力シャフトとP3プラネタリキャリアをアセンブリとして取り外します(図60を参照)。
37.図60に示すように、P3サンギアとスラストベアリングを
取り外します。38
. 図62に示すように、メインシャフトのスプラインをつかんでまっすぐ持ち上げ、メインシャフト、P2サンギア、サンギアスペーサーを取り外します。プルとシャフトを同時にねじって、パーキングポールシャフトを取り外します。これは、ケースの穴にエアロックされているため、取り外しに役立ちます(図62を参照)。40.パーキングツメをわずかにねじって、パーキングツメリターンから切り離します。
http://www.ancelscanner.com